« 目的を見失っていませんか | トップページ | Reset me. »

2006年6月 1日 (木)

傑作より素敵な作品

「恋恋蓮歩の演習」を読みました。

この本は、ぜったい最後まで読んでほしいです。

同じ船上ものの「偽のデュー警部」は、
何度かチャレンジして、結局未読なのですが
(ピーター・セラヴイはちょっと苦手なのかも)
「恋恋・・・」は最後まで読んでよかったです。

ミステリィなのかはよくわかりません。

最後も、確かにちょっと違和感はあります。

でも、それを上回って、素敵でした。

そう、素敵という言葉がぴったりですね。

傑作かどうかでいうと、
この森博嗣氏のVシリーズのなかでは、
いまのところ「黒猫の三角」を超える作品に出会ってないです。

ですが素敵さは、こちらの方が上かも。
くどいですね(笑)。

あ、そうそう、
文庫で読む方は、「解説」から読まないほうがいいです。

あくまで製本上の問題ですけど(笑)。

|

« 目的を見失っていませんか | トップページ | Reset me. »

コメント

こんにちは!
チャーリーさんは『黒猫の三角』がVシリーズの中ではベストですか。あの“やられた感”は『黒猫』も『恋恋』も共通するものがありますよね。
『恋恋』はミステリ色は薄いものの、チャーリーさんの仰る「素敵」というキーワードがぴったりだと思います!

投稿: まじょ。 | 2006年8月26日 (土) 09時32分

>まじょさま

実は「赤緑黒白」が未読なんですが、
そこまでの中では「黒猫・・・」ですね。

「恋恋」はやっぱりラストが素敵です。

読んでよかった感は、「黒猫」に負けてないと思います。

投稿: チャーリー | 2006年8月27日 (日) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 傑作より素敵な作品:

» 『恋恋蓮歩の演習』 森博嗣 [まじょ。のミステリブロ愚]
恋恋蓮歩の演習 著者:森 博嗣販売元:講談社Amazon.co.jpで詳細を確 [続きを読む]

受信: 2006年8月26日 (土) 09時33分

« 目的を見失っていませんか | トップページ | Reset me. »